kasatakakt66 皇居前

kasatakakt66 皇居前

メイドインジャパン(MBS、TBS)のバイオリン対決! 井筒さん凄い!

 私の書きたいことが、うまくまとめてあるのでこのサイトに文面はお譲りします。


https://trend-hoyahoya.com/made-in-japan-violin-31927 

 

ブログバイオリン

トレンドホヤホヤから拝借 プリントスクリーン


これには、本当に驚きました。歴史あるイタリア・クレモナにあるヴァイオリンの制作学校講師が制作したバイオリンと日本の職人さんが一代60年の職歴とはいえ勝てるはずが無いと内心思いつつ聴き比べてみました。
私は、先攻に投票しておきましたが、なんと結果は職人の井筒さんが4票を獲得したのです。クレモナにある学校の講師の制作したバイオリンには2票。
感激のあまりこちらまで、もらい泣きしてしまいました!


聞き比べに使われた曲は、ボッケリーニ作曲 弦楽五重奏曲 ホ長調 作品13の5から第三楽章メヌエット(ヴァイオリン版)でした。

好きな曲なので、偶に聴いています。

参考:
ルイジ・ボッケリーニ(Luigi Rodolfo Boccherini、1743年2月19日 - 1805年5月28日)は、イタリアのルッカ生まれの作曲家、チェロ奏者。
同時代のハイドン、モーツァルトに比して現在では作曲家としては隠れた存在であるが、存命中はチェロ演奏家としても高名で、自身の演奏のためにチェロ協奏曲・チェロソナタ、弦楽四重奏曲にチェロを1本加えた弦楽五重奏曲を多く残した。その中でも弦楽五重奏曲ホ長調G275の第3楽章は「ボッケリーニのメヌエット」として有名である。
その作風は優美で時に憂いを含むものでありハイドンとの対比でハイドン夫人と呼ばれることもあった。(wikipediaより)

おしまい

  1. 2019/12/07(土) 20:56:03|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀メッキの黒ずみ

 

ハイファイ堂にてMCトランス用ボックスのジャンク品を購入しました。

ジャンク品ですので、銀メッキされたアースターミナルが黒ずんでいます。

a.jpg

b.jpg

アースターミナルが黒ずんでいます

そこで調べてみましたら、YAHOO!知恵袋にありました。

 

『銀メッキの黒ずみ』で紹介されていました。

銀製品の黒ずみを落とす方法にもいろいろありますが、磨く手間も力も要らない、面白い

”重曹”を使った方法をご紹介します。

用意するものは、
アルミホイル、ステンレスのボウル、そして重曹です。
まず、用意したステンレスのボウルにアルミ箔を敷いて、
その上に黒ずみの出た、銀製品を並べます。
そして大さじ約2杯から3杯分くらいの重曹を熱湯に溶かして流し込みます。
熱湯の量は、銀製品が十分に浸かるくらいあれば大丈夫です。
あとは、そのまま一晩置いておくだけで、黒ずんだ銀製品がピカピカになります。
とても簡単で、細やかな細工物も綺麗にできます、ぜひお試しください。
(1)銀製品の黒ずみや変色は、銀の表面に空中の酸素と化合した酸化銀(AgO)ができている状態。
(2)アルミ箔と重曹(炭酸水素ナトリウム)にお湯を注ぐと水酸化アルミニウム・水酸化ナトリウム・炭酸ガス・水素が発生する。
(3)この水素(H2)が銀製品表面の酸化銀(AgO)を還元して、ぴかぴかの銀(Ag)と(H2O)に変わる。

早速やってみました。

P1030180.jpg 

黒ずんだアースターミナル

 

P1030182.jpg 

一晩置いたアースターミナル

 

お陰様で黒ずみが取れました!!

 

おしまい

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/11/25(月) 20:06:59|
  2. 調べてみました!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サルスベリの剪定


教科書によると選定時期は9月とあるのですが、我が家のサルスベリは奥手でありまだ花が咲いていました。

11月になり紅葉もすすみ、拔けるような青空の下、剪定作業をしました。

 

P1030177.jpg


剪定前の枝ぶり

 

高齢になり高所作業は危険と自覚して大胆に3年前に切り詰めたのは正解でした。

楽に剪定作業が出来ました。

 

P1030178.jpg


剪定完了!!

 

右はもちの木です。赤い実が沢山あり美味そうな実なのにまだ鳥は食べに来ません。来るのは決まって来年の2月頃からです。完熟まで待っているのか、いよいよ食べるものが無くなってから食べに来るのか?

赤い実がすべてなくなります!

 

おしまい

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/11/19(火) 08:52:27|
  2. 季節のたより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デンオンDL-103Gを103Rに着せ替え!

 
デノンよりデンオンのほうがしっくりと来る団塊世代人間。

DL-103Gのカバーを103Rに装換してみました。

○追加P1030123 

着せ替えで新発見、103Rのカバー内部全面にゴム板が貼り付けてあります。

 

103Rの音造りなのでしょうか?青丸のところにゴム板が貼り付けてありました。真似をしてゴム板をゴールドのカバー内に貼ってみました。

 

P1030127.jpg 

装換終了です

 

P1030128.jpg

 

オーバーハングを合わせるアダプター、最前方にネジ止めしましたが若干奥ですが、これでOKとしました。

 

P1030130.jpg 

アームに取付完了

 

P1030133.jpg

 

気分一新!レコードが黒、カートリッジシェルも黒、103Rも黒で、黒々でしたが金ピカになり、まるで新たに購入した気分です。

内部に貼ったゴム板の効果は判りませんでした。

 

おしまい

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/11/12(火) 08:14:41|
  2. オーディオ関連雑記帳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小春日和に誘われて玉ねぎ苗の植え付け


 好天で農作業がしたくなり、近くのダイキに玉ねぎ苗を買いに行って来ました。

ところが、早生の品種が売れ切れでした。そこでポット苗を急遽購入してきました。

 

P1030170.jpg

割高のポット苗をゲット!3個で651円!

赤玉の束50本が327円

 

P1030172.jpg

今年も2本一組の密植栽培としました

 

P1030171.jpg

ポット苗42本取れました。2本一組の密植栽培

 

 

 

どこに何を植えたのか分からなくなるので記録しておきます。

 

P1030151.jpg

P1030150.jpg

 

おしまい

テーマ:備忘録的なもの - ジャンル:日記

  1. 2019/11/08(金) 18:03:33|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ